ざいさん

財産分与とは

財産分与は、一般的に離婚しようとしている夫婦が結婚していた期間に、2人で築いた財産を分けることをいいます。
あくまでも、結婚していた期間に築いた財産であり、結婚前から持っていたものに関しては、分与の対象にはなりません。
親から相続した財産なども対象にはなりません。

財産分与の対象となるのは、現金、土地や所有の建物、株券、家電品など大きな物、小さい物関係なく対象となります。
衣類や使用している医療機器など、個人を特定するようなものに関しては対象にはなりません。

また、反対に借金などマイナス財産ももちろん、分与の対象となります。
お互いが平等となるように、きちんと分与しましょう。

分与の際には、現金や株券の場合は価値が決まっていますからわけやすくトラブルにもなりにくいのですが、
家や土地といったものはただ半分に、というわけにもいかず、トラブルの原因となることもよくあるので、しっかりと話し合いましょう。
家や土地の分与の場合には、一般的に近隣の売り出している価格を参考にしたり、
不動産屋さんに尋ねるなどして、まずはだいたいの相場額を知りましょう。
未払いローンなどがまだある場合など、細かな条件は家族によって異なり一概にいうことはできませんので、
その後の確認はしっかりしないとトラブルの元となりますので注意してください。

所有している車なども、わけることのできない分与となりますので、中古車市場での価格を参考にしましょう。

退職金なども結婚期間中の年数を計算し、相当分を割り出しましょう。

電化製品なども、中古市場での相場を調べて参考にしておくとよいのですが、
長く愛用しているものであると価格で分与するより現物で分与した方がよいかもしれません。

細かいものに関してはお互い話し合いながら、臨機応変に対応していくとよいかと思います。
欲しいもの、いらないものなどお互いが主張し、トラブルにならないように進めていきましょう。

財産分与は家庭の事情によって、変わってきますので、自分達が納得いくような分与になるよう対応しましょう。
こちらの財産分与の名義変更についての記事も参考に是非ご覧ください。